【コロナの影響で爆発的に普及!】会議アプリZoomの使い方

Zoomって?

コロナによって外出自粛が世界的に進んでいます。学校なども延期になるなか、仕事さえもテレワークやフレックスタイム化が進んでいます。

そんな中、ある会議アプリが流行り始めています。それがZoomです。

Zoomは無料で使える会議ツールで、パソコンやスマホなどで不特定多数の人とビデオ通話をすることができます。

なぜZoomが流行っているのか

会議ツールで思い浮かぶのはやはりスカイプではないでしょうか?

Zoomにはスカイプよりも優れている点がいくつかあります。それは①通信量が少なく通信が安定している点②参加する人はurlをクリックするだけで簡単に接続できる点です。

①について、Zoomはスカイプの約10分の1くらいの通信量でビデオ通話をすることができます。そのため、音や映像が途切れることなく数十人の人とスムーズにビデオ通話をすることができます

②について、スカイプでは通話相手の人がスカイプでアカウントを作ってビデオ通話の設定をする必要があります。しかし、Zoomは会議のURLが自動的に作られ、それを相手に送るだけで登録なしで会議に参加することができます。これが流行った大きな要因ではないでしょうか。Zoomはビジネスで使われるように作られましたが、クライアントにわざわざアカウントを作らせて会議するのも少し申し訳ない、そんなニーズを叶えるためにすぐにセッティングできるように設定されています。

このような簡単で使いやすい要素がウケ、世界的に大流行しています。

Zoomはビジネス場面だけでなく、友達との通話や飲み会でも活用されています。スナップ機能を使うことによってキャラクターのマスクを被れるのも面白いですね。

https://twitter.com/akezomekaren/status/1245866141823553536?s=21

Zoomの使い方

Zoomの使い方は至ってかんたんです。今回はスマホ版の使い方を軽く紹介します。

まずはアプリをダウンロードしましょう。

自分が参加する側の場合、サインアップでアカウントをつくる必要はありません。自分の名前を入力してミーティングIDとパスワードを入力するだけで参加することができます。

自分がミーティングを開くホストになりたい場合、メールアドレスと氏名を入力してサインインしましょう。1分ほどでできると思います。

新規ミーティングからミーティングを立てましょう。検索して出てくるように個人ミーティングIDの使用をオンにします。

このようにミーティングがはじまるので上に出ているミーティングIDとパスワードを参加者に入力してもらうことでミーティングに参加してもらえます。

もしくは、右下の参加者を押して共有からミーティングのURLをコピーすることができます。このURLをメールやLINEで送ることで簡単に参加してもらうことができます。

ビデオ通話自体はシンプルな設計になっているのでちょっと、いじってみればすぐに使いこなせると思います。

しかもZoomには自分の画面を共有したりsnap cameraなど便利で面白い機能もあるのでいろいろ実際に試してみることをおすすめします。

家の中が飽きた人は、Zoomをインストールしてみるのはいかがでしょうか?それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です