英語と簿記が同時に学べる米国公認会計士(USCPA)の魅力

米国公認会計士(USCPA)とは

みなさん、米国公認会計士(USCPA)という資格をご存知でしょうか?
「日本の公認会計士なら知ってるけど、USCPAって?」という方がほとんどだと思います。

USCPAとは、その名の通りアメリカにおける公認会計士の資格です。公認会計士のアメリカ版です。

なんかすごそうな響きですが、いったい何に使えるのかがよくわからないのがUSCPA。実際日本ではそこまで知名度が高くないので持っていれば就活で無双できるとか人生イージーモードになるといった恩恵は期待できません。

ですが、近年日本でも地味にUSCPAが評価されることは増えてきており、持っていると思わぬいいことが起きる可能性はあります。私自身USCPAの勉強途中ですがなかなかのメリットを体感しているので今回こちらの資格を紹介していきたいと思います。

米国公認会計士(USCPA)を持つメリット

英語と簿記が同時に勉強できる

なんとこの資格、問題文が全部英語で書かれているんです(当然といえば当然ですが)。

TOEICのような文章で会計の設問が出されるので、英語を勉強しながら簿記の勉強ができちゃいます。

問題文が英語の時点で「うっ…」とおもうかもしれませんが、慣れるとそこまで難しくありません。
というのも、使われている英語はほとんど会計用語だからなんです。asset(資産)liability(負債)equity(資本)revenue(収益)expense(費用)…などなど最初はちんぷんかんぷんですが、慣れてくると同じワードしか使ってないことに気づきます。ネイティブ並みの英語力なんて必要ないんです。コツをつかめばすらすら解けます。

意外と簡単に取れる上に人生逆転のチャンスに

USCPAは日本の公認会計士と比べて簡単に取ることができます。

というのも、日本の公認会計士は取得するのにおよそ3000時間の勉強が必要であるのに対し、USCPAであれば1000時間の勉強で合格できると言われているからです。毎日コンスタントに3時間勉強すればおよそ1年で合格できますね。

実際USCPAの勉強を勉強をしていて、専門知識の深さでは日本の公認会計士にはとうてい敵わないことを痛感させられます笑。

しかし、USCPAを持っていると、Big4監査法人や事業会社の経理に就職したいときにある程度の高評価を得られることが多いです(もちろん日本の公認会計士の方が強いですが)。

USCPAを取得することによって経理・会計のプロフェッショナルとしてのキャリアを切り拓くチャンスができるので、人生逆転を狙いたい方は一考の価値ありです!

※先ほども言いましたがこの資格を取れば人生イージーモードになるといった夢のような資格ではありません。プロフェッショナルになるためにはUSCPAになったあとも並々ならぬ努力をする必要があります。

周りからのウケがいい

「アメリカの会計士です。」って言えると、なんかかっこよくないですか?

合コンでももてはやされ、同期からは尊敬の眼差しを向けられます。

しかも、USCPAを取得していくつかの条件を満たせば、名刺で『米国公認会計士』と名乗ることができます。ビジネスにおいてこういった肩書をもっておくとお客様からの信頼も集めやすいですね。

面接
自己PR

世界の就職人気ランキングTop10の会社に入れるかも!?

BIG4と呼ばれる監査法人(会計事務所)をご存知ですか?

監査法人とは企業がちゃんと事業を行っているか、ちゃんと財務諸表を作っているか監視している法人です。

日本では四大監査法人と呼ばれていて、デロイトトーマツ・EY新日本・PwCあらた・KPMGあずさがBIG4にあたります。

下の世界の就職したい企業ランキングをご覧ください。

https://universumglobal.com/blog/worlds-most-attractive-employers-2019/

なんとgoogle・Apple・ゴールドマンサックスと並んでEY・PwC・デロイト・KPMG全てが世界就職ランキングTop10にランクインしています。

日本ではあまり監査法人は馴染みがないかもしれませんが、監査法人に入ると会計の専門性を磨きつつあらゆるビジネスの流れや動向を学ぶことができます。こういった監査法人は世界的に展開していてプロフェッショナルとして働くことができるので、その人気の高さも頷けます。

なぜ日本であまり知名度がないのかというと、会計士しか入れないからなんです。そのため常に日本の監査法人は人手不足。会計士資格さえあればほぼ誰でも入れるくらいの売り手市場です。

そんな監査法人に新卒や転職で入るチャンスを作れるのがUSCPAです。どうでしょう、取ってみたくなってきましたか?

どうすれば米国公認会計士(USCPA)になれるのか

予備校に入るしかない

巷では独学でUSCPAになる方法などが紹介されていますが、あまり現実的ではありません。その理由は3つあります。

①まずUSCPAになるためには大学を卒業していたり、経済系の単位を一定数取得していることが前提条件になっています。

②USCPAの参考書などは日本ではまずありません。USCPAになるためには4科目の試験に合格する必要があるのですが、全ての試験を網羅的に解説している日本の参考書に出会ったことがありません。

③最後に、日本の公認会計士と比べてUSCPAの手続きはめちゃくちゃ煩雑です。詳しい手続きは省きますが、私1人では絶対できないぐらい大変でした。

これらの理由から予備校に通うことをお勧めしています。先ほど大学を卒業していて経済系の単位を取得している必要があると言いましたが、予備校に行けばこういった条件をまかなってくれます。

授業も丁寧に日本語で解説してくれるので、独学より圧倒的に効率よく勉強できます。そして、煩雑な手続きもチューターの方が丁寧に案内してくれるので、迷うことなく試験を受けることができます。

正直予備校に通うとなかなかの費用がかかりますが、取得すれば数年で元が取れるぐらいのキャリアアップが狙えるので初期投資として受け入れましょう。

最低限の簿記知識と英語力はあったほうがいい

簿記や英語の知識が全くない状態でUSCPAを狙うのは正直リスクが高いです。

ですが安心してください、めちゃくちゃ高いレベルの知識は必要ないです。

具体的には簿記2級、TOEIC600点レベルの知識があれば十分です。

USCPAは4科目の試験に合格する必要がありますが、最初に受けるFAR(財務の試験)は簿記2級の知識があればスラスラ解くことができます。

英語知識も先ほど言ったように決まったワードしか出てこないので、それなりの英語知識があれば慣れますよ!

大学生や社会人になりたての人におすすめ

最後に、USCPAは誰が取るべきなのでしょう?

私としては大学生や社会人になりたての方におすすめしたいです。

というのも20代の大学生や社会人はまだ頭が柔らかく時間にそこそこ余裕があるため、全力で資格の勉強に打ち込むことができるからです。

20代で今後のキャリアとして会計・財務の専門性を身につけてグローバルに活躍してみたい方、USCPAに挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です