Adobeフォトショップ ツールパネル解説ver1[選択・切り抜き・挿入編]

Photoshop ツールパネル解説[選択・切り抜き・挿入編]

今回はフォトショップのツールバーについて紹介していきます。

この記事では

①移動ツール
②長方形選択ツール・楕円形選択ツール
③なげわツール・多角形選択ツール・マグネット選択ツール
④クイック選択ツール・自動選択ツール
⑤切り抜き選択ツール・遠近法の選択ツール・スライスツール・スライス選択ツール

の5ブロックに分け、前半のツールを紹介します。

そもそもツールバーとは

ツールバーとはフォトショップで画像を編集する際に使う道具の様な物で、この画像の左端にあるボタンを指します。

拡大するとこの様に様々なアイコンが並べられています。
今回は画像のツールを上から順に紹介していきます。

①移動ツール

移動ツールはその名の通り画像や文字を選択して移動することが出来ます。
最も使用頻度の高いツールと言えます。

②長方形選択ツール・楕円形選択ツール

*ツールは該当箇所をダブルクリック又は右クリックでそれぞれのツール一覧が表示されます。

長方形選択ツール:四角形で枠を作り編集範囲を指定するツール

楕円形選択ツール:楕円形で枠を作り編集範囲を指定するツール

③なげわツール・多角形選択ツール・マグネット選択ツール

*こちらも同様にダブルクリック又は右クリックでそれぞれのツールを表示させます。

なげわツール:フリーハンドで選択範囲を囲み、編集範囲を指定するツール。

多角形選択ツール:クリックで点と点を結ぶ様に選択範囲を囲み、編集範囲を指定するツール。

マグネット編集ツール:なぞった範囲を形や色に合わせてマグネットの様に自動で編集範囲を指定してくれるツール。

④クイック選択ツール・自動選択ツール

自動選択ツール:クリックした範囲の形に合わせて自動で編集範囲を指定してくれるツール。
精度が良すぎるが故に一度ではなかなか決まらないのでShiftキーを押しながら指定していくのがオススメです。

クイック選択ツール:マウスでなぞった箇所を自動で塗り潰す様な形で輪郭補正をして編集範囲を指定するツール。

簡単な塗り絵をしている様で使い易い印象を受けました。

オブジェクト選択ツール:ワンクリックでクリックした箇所にあるオブジェクトを感知し、編集範囲を指定してくれるツール。

背景とオブジェクトがはっきりと分かり易い物であればワンクリックで直ぐに指定が出来てしまうので手軽さではNO.1だと言えます。
ただ、クリックする場所がオブジェクトだと反応しずらいので背景をクリックして選択範囲を反転させる切り抜き方をするといいでしょう。

⑤切り抜き選択ツール・遠近法の選択ツール・スライスツール・スライス選択ツール

切り抜きツール:選択箇所を四角形にトリミングする事ができるツール。

遠近法の切り抜きツール:選択範囲を遠近法で表示する事が出来るツール。

基本操作は切り抜きツールと同様ですが角を詰めたりすると遠近法の様な画像が表示されます。

トリミング後

スライスツール:画像を複数に分断する事が出来るツール。

スライス選択ツール:スライスツールで分断した画像を選択移動させるツール。

⑥フレームツール

フレームツール:画像を挿入するフレームを作る事が出来るツール。

①選択時

②画像挿入時

さいごに

いかがでしたでしょうか、以上が前半のツールバー紹介になります。
最後までご覧頂き有難うございました。
この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです、それではまた次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です