DCコミックスファン必見!ムービーワールドアトラクション紹介[オーストラリアゴールドコースト]

オーストラリア ムービーワールド アトラクション紹介

ムービーワールドとは

movieworld-australia-11

ムービーワールドとはオーストリア ゴールド・コースト近郊にある『ワーナー・ブラザース』の映画をテーマにした遊園地で、日本で言う所のディズニーランドやユニバーサルスタジオの様なテーマパークになっています!

『ワーナー・ブラザース・ムービーワールド 』では2019年大きな話題となった『ジョーカー』や有名な『バットマン』『スーパーマン』などの様々なDCコミックスのキャラクターが前面に押し出されているテーマパークとなっているのでDCコミックスファンには必見の遊園地です!

それでは早速『ムービーワールド』のオススメアトラクションを紹介していきます!

ジャスティスリーグ3Dライド[Justice League 3D Ride]

引用元 ムービーワールド公式HP

ジャスティスリーグ3Dライド[Justice League 3D Ride]はDCヒーロー勢揃いのライド型のシューティングアトラクション。

ディズニーランドで言うとバズの様なアトラクションで、無数に搭乗するモンスターをスーパーマンやスーパーウーマンを始めとしたヒーロー達と一緒に撃ち倒していくといったアトラクションになっています。
アトラクション内はとてもよく作りこまれていて、まるで映画の一員になったかの様な体験をする事が出来ます!

この様にスーパーマンやバットマン、ワンダーウーマンの彫像があるなど、待機列でもしっかりと世界観が作り込まれていてDCコミックスファンにはたまらない最高の空間となっていました!

アーカム・アサイラム・コースター[ARKHAM ASYLUM COASTER]

アーカム・アサイラム・コースターはバットマンの宿敵ジョーカーをテーマにしたジェットコースター。

5ドル追加で支払うとVRヘッドセットをつけて搭乗する事が出来、ゴッサムシティを縦横無尽に飛び回る事ができます!*支払いにはクレジットカードが必要

ジョーカーとハーレイクイーンが目の前に現れるファンにはたまらない仕様となっています!
言葉だと伝わり難いかとは思うので下記に実際の動画を添付しておきます!

スーパーマン・エスケープ[SUPERMAN ESCAPE]

スーパーマン・エスケープ[SUPERMAN ESCAPE]『スーパーマン』をテーマにしたアトラクション。

わずか2秒で時速100kmに達し、急上昇急降下をする激しいジェットコースターになっています。

この写真では伝わりませんがコースターの最後尾にスーパーマンが着いていて外から見るとスーパーマンが押してくれている様なユニークなデザインのコースターに搭乗します。

こちらはただのジェットコースターではなく、ジェットコースターが急発進する前に『スーパーマン』の世界観が再現されたセットをコースターで通過するので映画ファンの方には必見のアトラクションとなっています!

スクービー・ドゥー・スプーキー・コースター[SCOOBY-DOO SPOOKY COASTER]

スクービー・ドゥー・スプーキー・コースター[SCOOBY-DOO SPOOKY COASTER]はトロッコに乗り、かわいいお化け屋敷の中を激しく駆け回るアトラクション。

かわいい見た目をしていますが割と激しめで途中でびっくりする仕掛けがあるので大人の方でも楽しめるオススメのアトラクションとなっています!

私は最初緩めのキャラアトラクションだと思っていましたがちゃんとしたジェットコースターでびっくりしました笑

ワイルド・ウェスト・フォールズ・アドベンチャーライド[Wild West Falls Adventure Ride]

ワイルド・ウェスト・フォールズ・アドベンチャーライド[Wild West Falls Adventure Ride]は濡れるタイプのジェットコースターとなっており、いきなり路線変更をして逆向きに落ちるといった思いがけない仕掛けがあり、とても楽しめるアトラクションとなっていました!
こちら落ちる際にかなり濡れるので暖かい日に行かれる事をオススメします笑

ハリウッド・スタント・ドライバー2[HOLLYWOOD STUNT DRIVER 2]

ハリウッド・スタント・ドライバー2[HOLLYWOOD STUNT DRIVER 2]はカースタントショーとなっており、平日でも満員になるほどの人気プログラム
このショーではカーアクションムービーを撮影する内容になっているのですがその登場人物を客席から選ぶといった流れになっており、運が良ければショーの一員に加わる事が出来ます!

カーアクションはとても激しく、セットが爆発するといった映画さながらの演出が目の前で繰り広げられます。
                          *1日2回開催

バットウィング・スペースショット[Batwing Spaceshot]

バットウィング・スペースショット[Batwing Spaceshot]はバットマンをテーマにしたアトラクションで、見た目は普通のフリーフォール型の絶叫アトラクションの様に見えますが実はこれ全くの逆で急激に下から突き上げられる!といったアトラクションになっています。

突き上げられた後はなだらかに下り、落ちる恐怖を感じないので絶叫アトラクションが苦手な方でも挑戦できるアトラクションとなっています!

DC・ライバル・ハイパーコースター[DC RIVALS HYPERCOASTER]

引用元 ムービーワールド公式HP

DC・ライバル・ハイパーコースター[DC RIVALS HYPERCOASTER]はDCコミックスのヒーローとヴィランズをテーマにしたアトラクション。頂点のジョーカーの顔マークが目印です。

南半球で最も高く、長く、最も速いジェットコースターとなっており、DCコミックスファンだけでなく、絶叫好きの方必見のアトラクションとなっています。
また、待機列には様々なDCコミックスのキャラクターが目白押しなのでフォトスポットにも最適です!

予約制でコースターに歩いて登るツアーも開催しているそうなので気になる方は事前にムービーワールドのホームページをチェックしましょう!

グリーンランタンコースター[Green Lantern Coaster]

引用元 ムービーワールド公式HP

グリーンランタンコースター[Green Lantern Coaster]はDCヒーロー『グリーンランタン』をテーマにしたアトラクション。
ムービーワールドの他のジェットコースターと比べるとおとなし目ですが回転などグルっと小回りをする箇所があるのが特徴。

レゴムービー4D[LEGO MOVIE 4D]

レゴムービー4D[LEGO MOVIE 4D]はその名の通りレゴムービーのキャラクター達の4D映像を映画館の様なシアターで見るアトラクション。
ムービーワールドでは珍しく子ども向けのアトラクションなので絶叫系に疲れてしまった時や家族連れの方にオススメです。
言語は英語ですが子どもでも分かり易い様に作られているので英語が分からなくても十分楽しめると思います!

キャラクターパレード

毎日午後3時30分に行われるパレードでは『ワーナー・ブラザース』の様々なキャラクターが登場します。

バックス・バニーやトゥイーティーなど日本では会う事が出来ないお馴染みのキャラクターや

スーパーマンを始め多数のDCコミックスのキャラクターが登場します。

キャラクターは日によって変わるそうですが私が訪れた時はバットマンやワンダーウーマン、そして推しのジョーカーとハーレイクイーンがいたので大満足でした◎

キャラクター達は園内を一周し、メインエリアで1度乗り物から降りて触れ合う事が出来ます。

ムービーワールド グッズ

ムービーワールドは勿論グッズが充実しており、普段手に入れる事が出来ない様なDCコミックスやワーナー・ブラザース映画のグッズを買う事が出来ます!

こちらは映画スーサイドスクワッドからハーレイクイーンのタンクトップ

ワーナーブラザーズムービーのキャラクターピンバッジ

この様に沢山のグッズがあるので是非お気に入りのお土産を見つけて来て下さいね♪

ムービーワールド 入場料

シングルデイパス89ドル〜(約6800円〜)

この他にもシーワールドの入場券とセットになったチケットもあるので合わせて行ってみるのもオススメです!

                          ムービーワールドHP

ムービーワールド 営業時間

9:30~17:00
*アトラクション営業開始10:00〜

ムービーワールドへのアクセス

ムービーワールドへの行き方としてはムービーワールドの最寄り駅であるヘレンズヴェール駅(Helensvale)からTX7のバスに乗り10分程でムービーワールドのバス停(Warner Bros. Movie World)に到着します。

①ヘレンズヴェール駅(Helensvale)を降りるとバス停への案内があるのでBus Stops A・Cと書いてある方へと進みます。

②案内の通り左に進むといくつか緑色のバス停があるのでTX7のバスに搭乗します。

下の画像のTX7のバス停がムービーワールドへのバス停となります!

これに乗ってしまえば降りる場所は見た感じでムービーワールドと分かる様になっているので安心です!

さいごに

ムービーワールドは世界でも珍しいワーナー・ブラザースの世界に浸れる遊園地となっており、DCコミックスファンにはたまらない遊園地となっていました。
今回ご紹介した以外にも沢山のアトラクションやフォトスポットがある素敵な遊園地なのでオーストラリアに来た際には是非立ち寄ってみてください!
この記事が皆さんの旅のお役に立てれば幸いです!それではまた次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です