知識0から簿記2級を3ヶ月で取る方法

知識0から簿記2級を3ヶ月で取る方法

簿記ってなに?

皆さん簿記という試験をご存知でしょうか?
簿記を簡単に説明すると『帳簿(ちょうぼ)と呼ばれるノートに、財産や売買に関する記録をつけること』です。例えば、100円でリンゴを仕入れたこと、100円のお金を失ったことを帳簿に記録します。家計簿みたいなものですね。

普段私達が目にする多くの会社も、簿記をすることによって、 どのくらい財産があるのかいくら使っていくら儲けたのかを正しく把握しています。 つまりかい簿記とは会社の家計簿みたいなものだと考えてもらっていいでしょう。

簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。また、ビジネスの基本であるコスト感覚も身につきますので、経理担当者だけではなく、全ての社会人に役立ちます。

数ある会計資格の中でも、日商簿記は人気が高く、他の難関資格よりも取りやすいのが特徴です。特に簿記3級や簿記2級の人気は高く、大学生や社会人がスキマ時間に勉強して取れる上に、履歴書などにも書くことができるので、取っておいて損のない資格といってもいいでしょう。

簿記の資格を取るには

さてそんな簿記ですが、簿記3級は合格率30~50%でおよそ100時間の勉強が必要だと言われていて、簿記2級は合格率15%~30%でおよそ300時間の勉強が必要だと言われています。
1日2時間勉強すると仮定すると、簿記3級はおよそ1~2か月、簿記2級はおよそ半年かかる計算になります。

ですが、今回勧める参考書と勉強法を実践したところ、私は3カ月で簿記2級に合格することに成功しました。
簿記2級は難易度の変動が激しく、この勉強法を実践すれば必ず合格できるという保証はできませんが、少なくとも自信をもって受験することができるレベルまでもっていくことを保証します。
知識0の人でも始められますので、ぜひ気軽に試してみてください。

4冊の参考書

みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級

キャット君
キャット君

簿記の知識0の人はまずこれ!

私は授業で簿記を受けていたものの、何をやっているのかさっぱりわからずただテスト対策の仕訳を覚えてぎりぎり単位をとるという大学生活を送っていました。簿記はただ暗記をするだけのつまらない教科だと思っていました。

しかしこの教科書と出会ったことにより私の簿記に対するイメージは劇的に変わりました。

このテキストはとにかく解説が丁寧でわかりやすい。イラストも程よくついていて何をしているのかイメージがしやすいです。
しかもテーマ毎に練習問題や小テストがついているので、身に着けた知識をすぐにアウトプットして定着できるのがうれしい。簿記知識0の人にも苦手意識をもっている人にもおすすめできる至高の一冊。

スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記

簿記3級のテキストで基礎を固めたらすぐに簿記2級のテキストに進みましょう。

簿記2級になると3級に比べて範囲が広くなるだけでなく論点が深くなります。
テーマ一つ一つに対して理解を深めて練習問題を解いていくのが重要になってきますが、スッキリわかるシリーズは非常に丁寧な解説とともに仕訳の切り方がのっているので、試験対策上非常に参考になります。

キャット君
キャット君

練習問題も豊富だよ!

スッキリわかる 日商簿記2級 工業簿記

簿記2級からは商業簿記だけでなく工業簿記が付いてきます。

工業簿記と商業簿記は全くの別物といっても過言ではありません。イメージを掴めるまでかなり時間がかかるので、こちらの解説が丁寧な参考書を2~3週回すことをオススメします。

キャット君
キャット君

総合原価計算?標準原価計算?直接原価計算?全部原価計算?

最初はさっぱりわかりませんでしたが、何周か回すことによって全体像をつかむことができるので、めげずにがんばりましょう!

合格するための過去問題集 日商簿記2級

上記のテキストで基礎固めをしただけでは正直まだ心もとないです。
なので最後の追い込みとして過去問題集を取り組みましょう。

最初は解いたことがない問題があったり時間配分が難しかったりしますが、何年分か取り組むことによってだんだんコツがつかめると思います。

そして必ず解いたら採点をして見直しをすることを意識しましょう。自分の弱点や苦手分野を把握して、本番までに穴を残さずに万全の知識で試験に臨みましょう。

勉強方法

ざっくり説明してしまうと、

簿記3級教科書 2週間で1周

簿記2級 日商簿記 2週間で1周

簿記2級 工業簿記 2週間で1周

簿記2級 日商簿記と工業簿記 1カ月でもう2週

簿記2級過去問 2週間で1周

というスケジュールで私は合格することができました。

これはなかなかハードなスケジュールです。毎日最低でも2時間の勉強時間を確保する必要がありました。それほど簿記2級の試験は甘くないということです。

ですが、実際に合格したときの達成感は計り知れません。この資格を取ることによって、皆さんの未来が明るいものになることを私は確信しています。

いかがでしたでしょうか?みなさんも是非簿記の資格にチャレンジしてみてください!それではまた次の記事で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です