半年でTOEIC800点を取る現実的な方法

みなさんTOEICという試験を受けたことはありますか?TOEICとは英語力を測る試験であり、日本人に最も人気のある試験の一つです。TOEICは主に、リスニングとリーディング力を測る試験で、最高スコアは990点となっています。また、TOEIC公開テストにおける受験者の平均点は約580点です。

そんなTOEICですが、私は800点をとるのが一番コスパがいいと考えています。なぜ800点なのかというと、世間的に「英語ができる」と判断されるのが800点からであり、就活や昇進の観点からも、一目置かれる点数とされているからです。700点は少し勉強すれば取れてしまうのであまり価値はありません。しかし900点を取ろうとしてもおそらく800点を取るまでの勉強の倍は努力しなくてはいけないため、あまりコスパはよくありません。800点をまず目指すのがベストです。

英語が苦手な方は「簡単に言うけど800点なんて取れない。英語が全然聞き取れないし読むスピードも間に合わないよ。」と思うかもしれません。私も数年前まで英語が苦手で最初に受けた試験なんて400点しか取れませんでした。しかし、ネットで情報を集め、参考書を買い、効率的に勉強したところ、たったの半年で815点のスコアを取ることに成功しました!今回は英語が苦手な方でも半年でTOEIC800点を取る方法を伝授したいと思います!

5つの参考書

世の中には何百何千種類ものTOEIC参考書があり、どれを使えばいいかわからないといった人も多いはずです。ですが、あなたが使うべき参考書は5冊です、5冊で十分です。この5冊をボロボロに擦り切れるまで何周も勉強してください。

金のフレーズ

https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=18732

TOEICの単語帳といえばこれしかないでしょう。TOEICを勉強している人は誰しもが持っていると言っても過言ではありません。この本をマスターすれば試験の99%の単語をカバーできます。詳しい使い方ですが、仕事の休憩時間や通勤・通学時間などの隙間時間にダウンロード音声を聴きながらぶつぶつと音読してください(この時できるだけ日本語訳は読まないようにしましょう)。
単語帳を使うとき同じ単語をずっと見続ける人がいますが、これはあまりいいやり方ではありません。音読をしつつひたすら前へ前へ進んでいくと、大体2日か3日で一周するので、また最初から戻って音読をしてください。この調子が5周か6周すると、いつの間にか英語の発音やスペルや意味が無意識のうちに出てくるようになります。騙されたと思って一度試してみてください!

公式プラクティス リーディング編

https://www.iibc-global.org/toeic/support/prep/pr_reading_01.html

英語の文法知識や基礎的な読解力に自信がない人にオススメなのがこちらの公式プラクティス リーディング編。最新版の参考書に「公式トレーニング」というものがありますが、こちらの方が解説が丁寧なのでこちらから始めましょう。この参考書を2周した頃には英語の文法と読解の基礎が身についているはずです!

公式プラクティス リスニング編

https://www.iibc-global.org/toeic/support/prep/pr_listening_01.html

公式プラクティスのリスニング版。この本はPart1からPart4まで問題を分類しているところがいいですね。また、解説が非常に丁寧でどこを意識して解けばいいのかわかりやすい説明しています。

この本の使い方ですが
1回普通に解く

答えを見ながらシャドーイングする(流れてくる音声にちょっと遅れて音読すること)

何も見ずに音声だけ流してシャドーイングする

一周終わったらまた同じ流れでもう一周する

というやり方がオススメです。これをすることにより英語の発音や会話の流れに馴染むことができ、2周した頃にはTOEICリスニングの基礎が出来上がっているでしょう。

鬼の変速リスニング

https://ec.alc.co.jp/book/7018024/

TOEICのリスニングを速いと感じたことはありますか?特に長文問題のPART3とPART4では、そのスピードに全然ついていけず、全く理解できないということはありませんか?
私も初めて受験した時はそうでした。


しかし、実はTOEICのリスニングスピードはネイティブの会話速度より圧倒的に遅いのです。海外のニュースなどを見てみればわかりますがそのスピードは凄まじく字幕を見ても何を言っているのか私でもさっぱりわかりません。つまり逆に考えるとネイティブの人達はTOEICの音声を聞いた時とても遅く感じるということになります。ではどうすればネイティブのようにTOEICの音声をゆっくりに感じることができるのでしょうか?

その答えはこちらの参考書で紹介している倍速トレーニングです。
この本では2.5倍速から1倍速までだんだん音声がゆっくりになるようになっています。2.5倍速では笑っちゃうほど速く意味不明なのですが、1.5倍速あたりから聞き取れるようになり、等倍の1倍速では本当にこのスピードなの?と疑いたくなるくらいゆっくりに感じます。

人によって好き嫌いの分かれる参考書ですが、私には効果的面でしたので、みなさんも是非試してみてください!

公式問題集

https://www.iibc-global.org/toeic/support/prep/lr_ud_05.html

公式が出しているTOEICの公式問題集。本番と全く同じ形式で2回分収録されていて、これ以上ない対策問題集となっています。これを解けば本番の難易度、時間配分、雰囲気を掴むことができるので必ず一冊はやっておきましょう。本番形式に慣れることは意外と重要で、この公式問題集を何周かまわすだけでおよそ30〜50点スコアアップを狙うことができます。本番1ヶ月前から仕上げとして学習することをオススメします!

以上5つの参考書を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?他の参考書に手を出さず、この5冊だけを集中してやりこんでみてください。きっと夢の800点をとることができるはずです、是非試してみて下さい!
それではまた次の記事で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です